Improvised Music from Japan

IMPROVISED MUSIC from JAPAN EXTRA 2006

2006年12月24日発売
税抜価格 2,500 円 (税込 2,625 円)
CDショップ

ときにベルリン・リダクショニズムと呼ばれた一大潮流は、1990年代後半から2000年代前半のベルリン即興音楽シーンの象徴となり、他のヨーロッパ諸国、日本、米国と国外のシーンへも大きな影響を及ぼした。そのムーヴメントも一段落して、渦中にあったミュージシャンたちの新たな道程探しは既に始まっている。本増刊号は、ベルリンに住む12人のミュージシャンと1組のグループへのインタヴュー記事と、2枚のCDに収録した全18曲(総勢30名以上のミュージシャンが参加し、やはりほとんどがベルリンの住人)で構成。その多くは潮流に深く関わったが、そうでないミュージシャンも含まれる。インタヴューでは、各人の個人的な活動だけでなく、ベルリンのシーンについての意見に多くのスペースを割き、90年代後半以降のベルリン・シーンのダイナミズムを如実に浮かび上がらせる本音の話がそこかしこに顔を出す。インタヴューは2005年1月に中村としまるがベルリンを訪れおこなった(ただし、アネッタ・クレプスのみ2006年1〜4月に杉本拓がメールでインタヴュー)。一方、CDの人選は地元ミュージシャンで、ベルリン即興音楽の牽引役「ラボア・ゾノア」コンサート・シリーズの発足に関わったニコラス・ブスマンが担当。本号はひとつの時代を築いたベルリン・スタイルに敬意を表しつつ、現地ミュージシャン自身の言葉と演奏で、周辺ジャンルの音楽をも一部交えた今日のベルリン即興音楽事情を探る試み。CD2枚付き。全編日本語のみ。全80ページ。


インタヴュー

2005年1月ベルリンにて(アネッタ・クレプスのみ 2006年1〜4月、Eメールにて)

ききて・翻訳・構成:
中村としまる(アネッタ・クレプスをのぞく)
杉本拓(アネッタ・クレプス)


付録CDトラック・リスト

Disc 1

  1. Adeline Rosenstein / Andrea Neumann - Pas Perdus (2:23)
    Adeline Rosenstein: voice
    Andrea Neumann: inside piano, mixing board

  2. Annette Krebs / Steffi Weismann - Le Vol (3:46)
    Audio short version of an audio-visual performance by Annette Krebs and Steffi Weismann
    Annette Krebs: idea, Soundplant, objects, composition
    Steffi Weismann: idea, objects, voice
    Nicolas Galeazzi: voice
    Agnes, Ralph, Vicky, Victoria: Mac OS X voices

  3. Kommando Raumschiff Zitrone - Roger (7:14)
    Kai Fagaschinski: clarinet
    Christof Kurzmann: lloopp

  4. Michael Thieke Unununium - Schaum (3:38)
    Luca Venitucci: accordion, prepared piano
    Derek Shirley: double bass
    Eric Schaefer: drums
    Michael Thieke: alto clarinet, alto saxophone, clarinet, zither

  5. Lucio Capece / Axel Dorner / Robin Hayward - Inflie (7:37)
    Lucio Capece: bass clarinet
    Axel Dorner: trumpet
    Robin Hayward: tuba

  6. Tunar - Antwort auf den Regen (8:23)
    Dave Bennett: guitar, short wave radio
    Merle Bennett: drums
    Sabine Vogel: flute, electronics

  7. Alessandro Bosetti - African Feedback: Extracts 1 to 8 (4:13)
    Composed by Alessandro Bosetti
    Recorded by Alessandro Bosetti in Ogol Leye, Pays Dogon, Mali, November 2004
    Feedbacks by Ouaganamon, Edijo, Iasera, Fanta, Gadjula Souleman Dolo, Gouioubenguyon Dolo, Yaboudou Dolo, and Tapaninju Dolo

  8. Tony Buck / Andrea Neumann - Without Title (8:13)
    Tony Buck: drums
    Andrea Neumann: inside piano

  9. Sink - Ausland 1 [excerpt] (7:43)
    Andrea Ermke: samplers
    Chris Abrahams: DX-7
    Marcello Silvio Busato: guitar, percussion
    Arthur Rother: guitar

  10. Marzipan Marzipan - Ennio (1:28)

Disc 2

  1. Kalkul & Leidenschaft - Leningrad Sunrise (13:14)
    Nicholas Bussmann: cello
    Kai Fagaschinski: clarinet
    Joe Williamson: bass

  2. Boris Hauf - It's a Dirty Job But Somebody's Got to Do It (5:44)

  3. Phillip Sollmann - Room Two (8:44)

  4. Thomas Ankersmit - Negatieve Bijdrage (5:00)
    Thomas Ankersmit: saxophone, synthesizer, computer

  5. Ignaz Schick / Jason Forrest - Blood Orchid (11:22)
    Ignaz Schick: turntables
    Jason Forrest: electronics

  6. Burkhard Beins - For Ian Curtis (3:08)

  7. Rechenzentrum - A Capitalistic Landscape (4:20)

  8. blumm&tau - Eskimono (4:34)
    F.S.Blumm: guitar
    boris d hegenbart-matsui: computer
    yumiko hegenbart-matsui: drawings

Compiled and mastered by Nicholas Bussmann


Last updated: November 20, 2006