Improvised Music from Japan / IMJ

ラク・スギファッティ
(ラドゥ・マルファッティ / 杉本拓

Futatsu

Improvised Music from Japan, IMJ-508/9
2003年12月発売
税抜価格 2,500 円 (税込 2,625 円)
CD ショップ


Disc 1

  1. Hitotsu (71:18)

    ギター:
    録音:杉本拓、2003年4月東京
    編集:杉本拓、宇波拓、2003年5月東京
    トロンボーン:
    録音:Josef Novotny、2003年7月ウィーン

    ミックス:ラドゥ・マルファッティ、2003年7〜8月ウィーン

Disc 2

  1. Rhiz [Chazz #2] (41:31)
    ライヴ録音:杉本拓、2003年6月2日ウィーン「rhiz」

  2. Appel (32:15)
    ライヴ録音:秋山徹次、2002年12月4日東京「appel」

ラク・スギファッティ
ラドゥ・マルファッティ:トロンボーン
杉本拓:ギター


ウィーン在住のラドゥ・マルファッティは今年12月で60才を迎え、長いキャリアを誇るトロンボーン奏者、作曲家。90年代以降、極端に音数の少ない独自の作曲・即興スタイルを確立し今日に至っている。一方の杉本拓は30代後半のギタリストで、90年代後半から同様に極度に音数の少ない演奏スタイルを開拓し、国内外で高い評価を得ると共に、国内の若手ミュージシャンにも強い影響を与えている。20才以上も年の離れた二人だが、近年は幾度となくオーストリアで共演、昨年12月には初の日本ツアーを行い大きな反響を呼んだ。

本作品はスタジオ録音(1曲)とライヴ録音(2曲)をそれぞれ一枚に収めた紙ジャケ2枚組。スタジオ録音は今年、杉本とマルファッティが東京とウィーンで各自のパートを別個に録音し、それをウィーンでマルファッティがミックスしてひとつの作品に作り上げた。ライヴ録音は一曲目が今年のウィーン、二曲目は昨年12月の日本ツアーでの演奏を収録。まったくの無音をバックに、思い出したようにぽつりぽつりと音を置いていくスタジオ録音と、ざわめきや車の流れといった別の音のほうが支配的ともいえる環境でもいつもと変わらぬ寡黙な演奏を行うライヴ録音。聴き手に対し、音と無音の関係を否応なしに再考させる衝撃の問題作!


Last updated: December 7, 2003