Improvised Music from Japan / IMJ

中村としまる

Side Guitar

Improvised Music from Japan, IMJ-513
2003年12月発売
税抜価格 2,000 円 (税込 2,100 円)
CD ショップ


  1. 1st Rhythm Guitar (14:25)
  2. 2nd Rhythm Guitar (23:38)
  3. 3rd Rhythm Guitar (9:59)

中村としまる:Fender Telecaster、Gibson ES-125

中村としまるは近年、ミキサーを楽器として使用し、外部音源を入力せずミキサー内部のフィードバックをコントロールして演奏するという特異な演奏スタイル(彼自身はこの楽器をノーインプット・ミキシング・ボード [no-input mixing board] と称している)での活動をメインとしている。過去4年の間に、No-input Mixing Board (Zero Gravity)、No-input Mixing Board 2 (a bruit secret)、 Vehicle (cubic music)、 No-input Mixing Board [3] (Alcohol) と、ノーインプット・ミキシング・ボードを使ったソロ・アルバムを立て続けに4枚リリースし、国内外で精力的にライヴ演奏を行い、特に欧米で非常に高い人気と評価を得るに至っている。しかし、中村は元々、ギター奏者だった。今でも散発的にギターを使用することはある。そんな彼が満を持して制作したソロ・ギター・アルバムが本作。タイトルの「サイド・ギター」は、60〜70年代の日本でのグループ・サウンズ全盛期にリズムを担当した二人目のギターの呼び名から来ている。当時のサイド・ギターに憧れを抱いていた中村の、これはオマージュでもある。とはいえ、このアルバム・タイトルや「リズム・ギター」という曲目に惑わされてはいけない。ここに収められた演奏は、やはりノーインプット・ミキシング・ボードでの演奏で聴かれる中村らしい、フィードバックを主体にしたシンプルでアブストラクトなサウンドだ。30年前サイド・ギターに憧れていた自分を思い出して、嬉々としてやりたいようにサウンドを構築している中村の姿が音の向こうで目に見えるようだ。


Last updated: December 22, 2003